こんにちは。

いつもありがとうございます。

私は鑑定で、アドバイスをさせていただいて

おりますが、それがうまく伝わらないこともあり、

今回このような形で記事を書かせていただきました。


せっかく明るい未来が待っているのに、

心が暗いと、未来が変わることも。

素直な心、感謝の心、信じる心で

前向きに過ごすことで、良いことがおき、

幸せを感じることができます。






御釈迦様は、このように伝えて下さっています。




人は苦をいとい、幸せを求めている。
だが金を得ても、財を築いても、常に苦しみ、悩んでいる。
王や貴族とて皆同じである。
それはなぜか。

苦しみの原因を正しく知らないからである。
金や名誉で、苦しみはなくならぬ。
無ければ無いで、苦しみ有れば有るで、苦しむ。
有無同然である。毎日を不安に過ごしている。

たとえば、子供のない時はないことで苦しみ、子供を欲しがる。
しかし、子供があればあったで、その子のために苦しむ。
この苦しみの原因はどこにあるのか。

それは、己の暗い心にある。

熱病の者は、どんな山海の珍味も味わえないように
心の暗い人は、どんな幸福も味わえないのだ。

心の闇を解決し、苦しみから脱するにはただ仏法を聞くよりない。
この法を求めよ。心の闇が破れ、真の幸福が獲られるまで。
たとえ大宇宙が火の海原になろうとも・・・

幸福と感じられる心をもつこと。
生きる意味を感じないのも、生きる意義を求めるのも,
心に不幸を感じるからなのである。
不幸な心には、幸せであっても幸せとは感じられないのだ。

釈迦




ブログ 素材