美輪 明宏さんの恋愛に関する

名言をお届けいたします。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆


昔は、結婚というものはハナから辛いものだと覚悟していた。

今みたいに夢なんか抱いていなかった。

花嫁は泣きながら嫁に行ったんです。

だから僅かな幸せを喜べた。

つまりマイナスから始まっていたのでちょっとしたプラスが

すべて幸せになり、結婚も上手く行っていたんです。




辛い思いはすべてプラスになる。苦しかったこと、

悲しかったことが、いつか必ず花開く時が来る。

辛いこと、悲しいことは幸せになるための必要事項。

花開き、実を結ぶときに辞めてしまってはいけない。




いつも素敵な音楽を聴いて、素敵な本を読んで、素敵な人と出会って、

常にいいものに触れていると、その人が歩いているだけで

自然にものすごいオーラが放たれているものです。


ダウンロード




ああ正負の法則
美輪 明宏
PARCO出版
2002-04