新月の願い事の書き方は、たくさんネットに出ております。

自分に合う方法を選んで下さいね。


これからお届けする方法は、私は叶うと思っています。

あなたの願いは叶います!


※無断転載禁止。
.。o○.。o○.。o○.。o○




☆新・浅岡美穂流☆新月の願い事の書き方☆

準備
・真っ白かピンクの紙又はノートを用意します。
※線が引いてあっても構いません。

・時間が来てから書きます。何を書くかはあらかじめ決めておきましょう。
・心を明るく又は落ち着かせて下さい。


1. 用紙の上辺りに「ありがとうございます」を7つ書きます。
2. 願い事は10個まで書けます。※最低2つ
3. 自分のことを書いて下さい。他人、家族のことは叶いません。
4. 「〇〇になりますように」という受動的な書き方にします。神様にお願いする感覚で書くとよいでしょう。
5. その月のキーワードに関連した内容はオススメです。
6. 願いが叶うまでは、いつも同じ内容を毎月書きましょう。
7. 書き終わったら目を通して、OKでしたら下に今日の日付と時間と
 自分の名前を書きます。
8. 用紙又はノートはどこかタンスの引き出しになどに収めておくか、処分して構いません。

実はここからが重要です。
書き終わったら、あなたが一番願っていること、状況を感情まで含めて
思い描いて下さい。

そして、それは毎日最低1回は描くようにしてみて下さい。

私の場合は、普通だったらこれとこれを書いたら叶わないだろうというものでも、なるほどという形で叶いました。
自分が叶えたい願い事は書いていいのです。
問題は、あなたがどれだけそれに向かって努力をして行くか、素直に信じる気持ちがあるかどうかです。きっといい時期に叶うと思います。

神が却下の内容(自分のことしか考えていない、人を傷つけることになるものなど)は叶わないと思って下さい。
神様は見ておられるということを意識すれば、わかりやすいかと思います。




アセンション