こんにちは。

皆様の中に

「あ〜あ、こんなに尽くしちゃって、
  損をしちゃった。」


「尽くし過ぎて、何だかばからしくなった。
  あの人がいけないのよ。」


など思ったことはありませんか?


大好きな彼に尽くし過ぎたと気付くと

その不幸を相手のせいする傾向にあるようです。



でもこれって、自分がしてあげたいと思って

勝手にしたようなものです。



彼は逆に、要求すれば、「YES」と言って

くれている間は、満足しているのだと勘違いします。


いつも部屋に遊びに来てくれたら、

彼のためにご馳走を作り、彼のためにせっせと

尽くしていたとします。


彼もそれが彼女が満足しているのだと思うから

いつものように
「ビール」「コーヒー入れてくれ」

なんて言ってしまってます。



基本は与える愛です。


何かしてあげたいと思える相手がいることは

幸せなことです。

してあげたいという対象が本当に愛している証拠かもしれません。


見返りを求めないで、とにかくそれで幸せを感じていられたら

それでいいのではないでしょうか?

彼も満足しているんですから。



はい、今までお伝えしましたように、決して

彼のせいにしたり、責めないようにしましょう。



また、お互いの不満や怒りが限界点に達したら

大変です!


是非参考にして下さいね。



女性11