過去にお届けいたしました記事となります。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

本当に恋愛をうまく行かせようと思うのだったら

『執着しない』

のがいいんです!

今回はそのことを書かせていただきます。


先ず  「般若心経 生きるとは」
の著者であり、皆さんご存知の瀬戸内寂聴さん



一部抜粋
「愛することによって、執着が起こる。
自分のものにしたいと思うでしょう。そうすると、そこに
欲が出る。」

「そして離さないために、いろんな悪いことをしてしまう。
 だから、まずその執着を捨てなさい。」


実はこれはお釈迦様が説かれた言葉なんです。

「本当に人間が幸せになるためには、
  執着から離れなければなりません。」


それはわかってるんだけど、
どうしても執着してしまうのが人間です。

一方、浅見帆帆子さんはわかりやすく書かれています。





「何がなんでも実現させたい理想の状況を思い描くことは
 大切なのですが、
 絶対に何がなんでも、だれを蹴落としてでも」と
 力を入れる理想は、ただの「執着」

 これは、理想ではなく、「欲」とか「我」という

  マイナスなものです

なぜかというと、他人の幸せを邪魔したり、傷つけたりする
ことが明らかにわかっている場合は、どんなに頑張っても
うまくいかないと思います。


それは今まで書いて来ように
その分あなたにも返って来ます。
同じような思いをすることかもしれません。


マイナスなことを願ったらマイナスなことが返って来ます。


そうなんです。

執着はマイナスだと考えた方が早いのかもしれません。



恋愛9
瀬戸内寂聴さんは
「愛すれば執す、執すれば着す」
執着を捨て、解き放たれた、自由な心になったとき
人は輝くように美しくなる。そうすれば幸せになりますよと
書かれています。


浅見帆帆子さんは
「かなえたい理想に執着しないようになった時、
 自然とかなってしまうものです。」




前ほどはこだわっていない、
どっちでもいい気がしてきたという気持ちまで行くと
かなってしまうものですと書かれています。


理想と執着の境目が難しいところですが、
ある程度あなたの理想がイメージになり、
それが叶った気持ちまで行くと
そこでストップしていればいい。


浅見帆帆子さんは自分の精神レベルが上がれば
必ず叶うとも書かれています。


この精神レベルとはあなたの心(潜在意識)の
プラスの量(善い因)が多くなればなるほどよいのです。

心が明るく、楽しい状態になっていれば
私は執着もなく、願いも気がついたら叶うという
状態になるのではと思ってます。



瀬戸内寂聴さんの本は
「般若心経」について書かれている本なんです。

唱えていれば心がだんだと明るくなると言われる
般若心経の本にこのことが書かれています。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



あなたの恋愛応援します!