人の悪口を言っていませんか。

意識しているのならまだしも、無意識のうちに、

あれこれと言っているのではないでしょうか。

口にするだけではなく、想いを抱いただけでも、

ネガティブな波長になってしまいます。

他人を批判する前にわが身を正しましょう。




人のことをやたらと批判したくなるときは、

あなた自身の愛の電池が切れかかっているのかもしれません。

実は、知らず知らず自分をも痛めつけていることがあります。

自分を大事にしていくことも、根本的には必要なことなのです。



誰かを批判したくなったときは、そのことを本人の前でも言えるかどうか、

内観してみてください。言えないと思うのであれば、

それは建設的な批判ではなく、単なる嫉妬です。

現状ではあなたのほうが負けているということ。

その悔しさをバネに精進しましょう。



江原啓之


あなたが危ない! ――不幸から逃げろ!
江原 啓之
ホーム社
2019-10-25