浅岡美穂の★恋愛運UPしま専科★Asaoka Miho's Web Blog for better fortunes with Love

恋は素敵です!応援します! 占いサービス☆彡ありがとうの家☆彡の浅岡美穂のブログです。 どんな恋愛でも片思いのように、常に努力を続けて そして・・成就するものだと思います。あなたの恋愛応援します!     

2013年07月

あなたの描いた未来は

努力をすること、信じることでやって来ます!




素直に信じて、まっすぐ歩いて行きましょう!


とにかくまっすぐ!


ただ歩いて行けばいいんです。


不安になって寄り道して

その間に時間がかかって


明るい未来が延びないように。。。



030739s





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

7月31日生まれの皆様。

誕生日おめでとうございます。


それではメッセージをお届けいたします。

これからの1年は、新しい趣味を作る事をお勧めいたします。

恋愛面では、楽しく関われることでしょう。

とても気が合うので進展も早いでしょう。

応援しています!


ラッキーカラー     赤


ラッキーな方角     北



ラッキーな場所     港


ラッキーな曜日     日曜日



本当におめでとうございます!



浅岡美穂
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

過去に好評でした記事をご紹介いたします。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


私は、何事にも感謝をするように心がけています。

例えば、悪い事を言われても、何かに気付かせていただいた

のかもしれないと、その人に感謝するようにしています。

それは、お釈迦様の言葉のおかげでもあります。




釈迦の教えは感謝です。


私の好きなお釈迦様の言葉。


愚かな人とは、自分に示された他人の親切に

感謝できない人である。一方賢い人は、常に

感謝の念を持ち、直接自分に親切にしてくれた人だけではなく、

すべての人に対して思いやりを持ち、感謝する人である。





不平不満は運を下げてしまいます。

不平不満→ストレス→マイナスな出来事(病気など)→運気後退

せっかくプラスの行いをしていても、

感謝がなく、不平不満を言っていると、

マイナスが入り、運が上がらない仕組みです。




不平不満を感謝に変えてみましょう。



ブログ 素材6
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

江原啓之さんの名言に


「今日会っている人と、明日も同じように過ごせるとは限りません。

今というとき、この一瞬を大事にしましょう。

出会っていることは、奇跡なのです。

そのことに感謝できていますか。」

というものがあります。


どうでしょうか?


駆け引きをして彼を苦しめていませんか?


些細なことでけんかになっていませんか?

大事にしましょう。

私たちは、明日どうなるかわからないのです。

どうせなら楽しく

少しくらい辛抱して

彼に思いやりを示し・・

このひとときを・・

この一瞬を大切に。。。


ブログ12
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

他人の幸せを願うことで

あなたが幸せになります。。

職場の友達に彼氏ができた

結婚した

いいなぁ〜

という気持ちは仕方ないとして、

幸せになって欲しいと願うことを忘れずに。

友達に彼氏ができたと聞いたら

「良かったね」と言ってあげましょうね。

悩んでいたら、無理をしない程度に話を聞いてあげましょう。

結婚が決まったと聞いたら

お祝いの言葉を伝えて、幸せを願ってあげましょう。

これらは当たり前のようで、なかなかできないもの。

自分に彼氏がいなかったり、

彼氏がいてもうまく行ってなかったら

どうしても心から喜んであげられないもので・・

それでも、少しでも話を聞いてあげたり

表面上笑顔で応援してあげるだけでも違うんですよ。

そうすると・・・

ほら!

あなたも彼からプロポーズされるという

出来事が起きます。

自分が幸せになりたかったら、

他人の幸せを願う行動を起こしましょう。。

参考にしてね。

ブログ6
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

7月30日生まれの皆様。

誕生日おめでとうございます。


それではメッセージをお届けいたします。

これからの1年は、勉強をお勧めいたします。

恋愛面では、有利な状況になりそうです。

あなたの努力の成果が出ます。

交際中の人は、結婚の話も出て来そうです。

応援しています!


ラッキーカラー     ピンク


ラッキーな方角     南東



ラッキーな場所     海


ラッキーな曜日     金曜日



本当におめでとうございます!



浅岡美穂
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

過去に好評でした記事をお届けいたします。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こんにちは。毎日のように彼とのメールのご相談が多い中

気をつけて欲しいなと思うことがあります。

それは、彼に会って話ができないことを、メールだったら

伝えやすいからと簡単に送ってしまうことです。

ちょっと待って下さい!

よくその文章を読んでみて!

こんなことを実際彼に言ったら、彼はどんな顔をするか

想像してみましょう。

メールは簡単に送れます。感情も伝わりにくいです。

メールだったら、少々大丈夫だろうという考えは危険です。

実際、メールでけんかしたり、別れた人もいらっしゃいます。

女性の皆様、慎重に参りましょうね。

確か江原啓之さんの本に

面と向かって言えないことは、

メールも手紙でも言わないほうがいいと書かれていました。

言葉は恐ろしいです。

勘違いされたり、悪い感情で捉えられたり、

しかも、メールだと自分の都合で送ってしまいがちです。

彼が仕事が大変で、頑張っている時や

疲れてゆっくり過ごしている時に

彼の気に触るような言葉や

今こんなメールやめてよというものを送ると

さて、どうなるでしょう?

片思いの場合でもそうです。

彼の立場や状況を考えた内容にすることがよいと思います。

いくら自分が焦っていても、

静かに待つ状況ならば

しばらく様子を見た方がいいんです。

メールは文字だから許してもらえるだろうし、

腹が立っていて感情をぶつけてもいいと

思っていらっしゃれば・・それは今日からやめましょう。

不安、心配、悪い想像はやめて、上手に乗り越えましょう!



045452s

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

お釈迦様の教えについて久しぶりに書かせていただきます。



上求菩提(じょうぐぼだい)、下化衆生(げけしゅじょう)

という教えがあります。





自分を磨き、人々のために尽くすことが

真実の生き方だという教えです。



恋愛に例えて言えば


自分磨きをしつつ、彼や周りの人々のために

尽くすことですね。




恋愛成就される方は

自分を大切にしつつ、

彼の幸せ、他人の幸せを考えられる人なのです。






参考にして下さいね。


045466s
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

もっと楽に恋愛をしたいと言われる方は多いです。

何で私はスムーズに行かないのだろう?


メール一つにしても、次の約束にしても


自分からしないと前に進まない。


会うと楽しいけど、彼が何を考えているかわからない。。


この繰り返しが続いている。。



あ〜何で私だけ?

と思われている方は結構いらっしゃるかもしれません。


こんな場合もあります。


・彼のペースがゆっくり

・彼は今は恋愛どころではない

・彼は恋愛に慣れていない



あなたが思い通りにならないから、イライラしているだけで

彼のペースに合わせることをお勧めいたします。


彼が良かったら、ゆっくりでもいいではありませんか。


応援しています!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

7月29日生まれの皆様。

誕生日おめでとうございます。


それではメッセージをお届けいたします。

これからの1年は、スポーツにチャレンジしてみましょう。

恋愛面では、料理をお勧め。

彼の好みを調べて研究してみましょう。

きっと進展につながります!

応援しています!


ラッキーカラー     オレンジ


ラッキーな方角     南



ラッキーな場所     庭園


ラッキーな曜日     木曜日



本当におめでとうございます!



浅岡美穂
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ