こんばんは。
皆さん、今日もお疲れ様でした。

よいことをしたり、いろいろ頑張っているのに

(´;ω;`)何でこんなことが起こるの?

という出来事が起こったら


これは

「意味がある!」

とプラスに捉えて下さい。

例えばこんな出来事だったとします。


あなたがバレンタインデーに
皆が憧れている上司に
チョコを渡したらお礼にコーヒーをおごってもらえたと
します。
それをたまたま同僚が見ていて、
上司とできていると噂を流したとします。

そして何か嫌がらせもされました。


※ややこしい内容ですみません



あなただったらどうしますか?



ここであなたの心のプラスの状態(善い因がどれだけ占めているか
わかります)








マイ・バレンタイン 2008―愛の贈りもの (2008)
1.いつかやり返す(仕返ししたいという気持ち)


2.やり返す(やられたらやり返す)


3.三倍にしてやり返す


4.我慢する


5.気にしない


6.その人の幸せを祈る




さあ、あなたはどれでしょうか?





(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?もしかして1番が多いとか?




実は
「気にしない」はプラスの気持ち(善い因)がほとんどを
占めている状態です。


この気にしないという気持ちになれたら
たいしたものです!



しかし、

「相手の幸せを祈る」


ここまで来たら

あなたは超一流です。


幸せに近い状態です。
あなたの願いも叶っているに近い状態です。


※起こる出来事はその人に何か気づかせたり、
前世の悪い因や現世の自分の罪を償うために
形を取ることが多いのです。

ここで気づき、反省し、感謝することで
同じことは繰り返されません。




例え心がマイナスでも

「相手の幸せを祈る」

という気持ちになるだけでもずいぶん違います。


「相手に感謝をする」

という気持ちに等しいです。


悪い出来事には感謝をし、
相手の幸せを祈る




相手の幸せを祈るという気持ちに自然になれると
いうことはなかなかできるものではありません。




やられたらやり返すは三流です。



心の中では思っても

どうか感謝又は幸せを祈る姿勢で臨んでください。


そうすればきっと・・


あなたはレベルアップして幸せになっていき、
その相手の方も気づくことでしょう。


悪い出来事は悪い出来事ではないと
これから思ってください。

あなたは幸せに向かってます!

一緒に頑張りましょう!