こんにちは。

秋田県小坂町の十和田湖畔で見つかった
ハクチョウの死骸(しがい)から
強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、
環境省は29日、動物衛生研究所(茨城県つくば市)の検査で、
このウイルスが鳥などが感染すると死ぬ可能性が高い
高病原性の「H5N1型」だと発表した。 


とネットニュースで出ておりますが・・。


私はジュセリーノさんの予言が頭を過ぎりました。



2008年09月 日本で鳥インフルエンザの被害が拡大し、

死者が出ます。


※ジュセリーノさん公式サイトより引用





どうか予言が当たりませんように。。。



今から何とか対策を考えていただきたいと思います。



H5N1型ウイルスとは

A型インフルエンザウイルスの一種で、

家禽(かきん)類が感染すると全身出血などの

激しい症状が出て100%近くが死ぬ。







今自分たちにできることは何か。


これは他人事ではないと思います。


ジュセリーノの予言