続きとなっておりますので気ら読んでください

○●○●○●○●○


私も含め、あなたも、あなたの家族も、周りの人も

いつ失業するかわかりません。

そういうことにならないよう、是非自分たちでできることを

やっていただきたいのです。


今度は細木数子さんのお言葉です。

長くなるので要点だけ書かせていただきます。


「両親に感謝し、自然界に感謝し、宇宙に感謝する」
ということを伝えて下さってます。

それがこの世の中を変えることができるのです。


運命は変えられます。

この運命の土台に「宿命」があるのです。
宿命をよくしないと何も変わらないのです。

正しい先祖供養を実行し、「宿命」にのっとった生き方が
できるようになった人はすべがよい方向に変わっている

その根底にあるのは「感謝」の心だと伝えて下さってます。


本より一部引用させていただきます。



まず第一に両親に向けられ、

そらにそのまた両親、ひいては先祖全体に向かっています。

そうした先祖をこの世に送り出してくれた自然界、

大宇宙に対する感謝の気持ちが、感じられます。
・・・・・・・・・・・・

当然のことならば、環境問題に対する関心が深まってきます。

また、社会全体に対する見方も変わります。

守らなくてはならないルールも自覚できるようになります



*私が持っている本は写真が出てないのでこちらをご紹介いたします。
細木数子さんの「運命と宿命」という本より引用させていただいてます。

最新版 六星占術宿命大殺界―あなたの人生を左右する恐るべきパワー
最新版 六星占術宿命大殺界―あなたの人生を左右する恐るべきパワー
細木数子さんはつまり、このような状態の人間は

心の丸い状態、本来の人間に戻っていて、

一緒にいても非常にすっきり、さわやかな感じになっているので

人も集まって来ます。
高い情報も入ってくることでしょう・・・。



このような状態になると

周りを取り囲む全体がレベルアップする。

これが「運命」をよい方向に向かわせてくれると

伝えて下さってます。



ここまでお気づきの方も多いと思います。

江原啓之さんの「類は友を呼ぶ」「波長の法則」のことです。



細木数子さんは
「回向」*えこう という言葉について

文字通り、回って向かうということです。

その「回る」先はもろちん先祖なのですが、

先祖を経たあと「向かう」先はあなた自身でもあり、古くから

世の中に伝えられてきた常識、約束事、ルールであるともいえます。



と、書かれています。




続く