今回はお釈迦様について書かせていただきます。
ありがとうございます。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


釈迦は紀元前5世紀頃、現在のネパールにいた釈迦族に生まれ、

王子として裕福な生活を送っていたが、29歳で出家した。

35歳で正覚(覚り)を開き、仏陀(覚者)となった。これを成道という。

仏陀は自らの覚りを人々に説いて廻り、

一説において2月15日安祥として80歳で入滅(死去)した。


Wikipediaより引用

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

こんにちは。
皆様よくご存知のお釈迦様。


西遊記にも登場してきます。


たぶんこの静止画像の右側のお方がお釈迦様のはずです。

違ってたらごめんなさい。
中国の番組のようです。






お釈迦様の教えの中に『般若心経』がありますね。


そしてこんな素晴らしい言葉があります。

お釈迦様のお言葉です。


すべてがあなたにちょうどいい」というのがあります。

 
●今のあなたに今の夫がちょうどいい


 ●今のあなたに今の妻がちょうどいい


 ●今のあなたに今の父母がちょうどいい


 ●今のあなたに今の子供がちょうどいい


 ●兄弟も上司も部下も友人もちょうどいい


 ●死ぬ日もあなたにちょうどいい


 ●すべてがあなたにちょうどいい





私はこれに

今のあなたに今の彼がちょうどいい

ということを付け加えたい気持ちです。


困ったことが起きるのは
自分が問題を起こしているということ。

元々困ったことが起こらないようにこの世の中はできています。
但し、
意味のある出来事は起こるようにできています。



運命がどんどん好転する―慈悲喜捨の瞑想法 (シリーズ自分づくり“釈迦の瞑想法” (1))
続きを読む